介護の仕事や悩みなど解決できる?リベラルアーツを身に着けると得られる3つのこと。

ごきげんようさん。介護ブロガーのもりです。

みなさん

リベラルアーツ

って言葉聞いたことありますか?

この言葉を知らなくても、もうすでに実践している方もたくさんおられると思います。

事業所や施設などでは、実践で役に立つ人材を専門的な勉強でスペシャリストを育てようとしています。

ですが、専門的になりすぎて偏った考え方になってしまいがちです。

専門的になり過ぎず、幅広い知識や教養が必要であるという考え方

それがリベラルアーツです。

いろいろな知識や教養を得ることによって、さまざまな問題を解決するヒントとして活用していくのです。

もり

一応、このブログのテーマもリベラルアーツになっています。(知らないうちにテーマになってた 😯 )

今回は、そんな知識や教養を幅広く学ぶ考え方 リベラルアーツ について詳しく説明していきます。

リベラルアーツとは?

リベラルアーツという言葉は、ギリシャ・ローマ時代の言語系3学と数学系4学で構成される自由7科(セブンリベラルアーツ)で定義されました。

自由7科
  • 文法学
  • 論理学
  • 修辞学:言葉を美しく巧みに用い効果的に表現する
  • 算術
  • 幾何学
  • 天文学
  • 音楽

リベラルアーツとは、日本語に訳すと「教養」となります。

「教養」とは、学問・知識をしっかり身に付けることによって養われる心の豊かさ を意味しています。

人間の精神を豊かにして、より良い人格を養い育てていく努力やその成果をさす。

専門的な知識や特定の職業に限定されてかたよってしまう精神を、もっと広く発達させて全体的、調和的人間になることが教養人の理想である。

出典:日本大百科全書

リベラルアーツ = 自由になる方法 とでもいいましょうか?

人の束縛から解放(自由)するために、知識や生きるために身につけるべき手法を意味します。

下の例を読めばなんとなく理解はできると思います。

  • 特定だと思っていた知識も、場所を変えれば知恵と変わり柔軟な思考をつけられ役に立つ。
  • いろんなことに目を向けて、偏った考え方や頑固な考え方にならないようになること。
  • 人付き合いがうまい人や話し方がうまい人・コミュニケーションが高い人は教養が高い。

もり

いろいろな知識や教養を得ることで、悩みなどから自由になりましょう!!

現代社会のリベラルアーツは、

いろいろな知識や教養を得て、その得たモノを使って悩みを解決してストレスフリーになろう!!

と捉えても良いといえます。

リベラルアーツの必要性

現代社会は、さまざまな問題が起きています。

例えば、インターネットによる情報の氾濫や環境問題や紛争、地域の問題や事件など毎日のように起きています。

さまざまなジャンルの専門分野に特化した人同士が話し合いをすればいいのは確かなのですが、専門の人たちって話し合いをしてもなかなか話がまとまりませんよね?

間に入って取り持ってあげないと手間や時間がかかります。

そこで、いろいろな知識や教養を持った人材が必要になってくるのです。

知識や教養は専門的に詳しくないといけないのか?

答えはNOです。

趣味や過去の経験でもいいのです。

趣味や過去からの経験をもとに得た知識や教養が、今起こっている悩みなどから解放されればいいのです。

リベラルアーツを身につける

介護の仕事でもそうですよね?

「人間関係が嫌!!」「残業が多い!!」「給料が安い!!」などなど….。悩みなどから解放されたい!!

例えば、介護のケアカンファレンスなどで参加している他職種の意見がまとまらない時などありませんか?

詳しい専門家に聞いたとしても、専門的過ぎて現場寄りの返答がもらえなかったり。orz…..

そんな時に、ふと異業種の経験がある人からさりげなく出た言葉で解決してしまうなんてパターンもありますよね。

いろいろな知識や教養って、すごく勉強しないといけないの?

と思った方もおられると思います。

本やインターネットで対処方法などを調べて実践してみるのもいいと思います。

趣味でもいいですし、過去に経験してきた知識でもいいのです!!

その趣味や過去の経験から学んだ知識や教養で悩みをクリアできるかがポイントになってくるのです。

「趣味なんてないわ!!」

「大した経験してないわ!!」

ってな方でも、ブログやTwitter、YouTubeなどからでも知識や教養は学べます。

まずは行動を起こして取り入れる事が重要になります。

もり

よく自己啓発の本を読んでいる方はたくさんおられますが、読むだけで実践する人は殆どいないでしょう。ただのコレクターになっている方が大半です。

引き出しを多くしても、ただの頭デッカチになってしまうので引き出しをできるだけ使うように意識しましょう 😛

もり

いろいろなパターンの引き出しを作っておく感じかな 🙂 

リベラルアーツを身に着けると得られる3つのこと

1:信頼される

いろいろな知識や教養を身につけているので、性格や人格・品格までも変わります。

さまざまな環境や状況・悩みなども、学んだことによって引き出しが増えて幅広い意見などが言えるようになります。

柔軟な考え方や幅の広い考え方を身につけられるので、人間関係も良好になれる。

2:こころが豊かになる

何か問題があっても解決するような思考になります。

すぐ解決する方向になるので悩みやストレスがあまりありません。

イライラなことなども、

「解決するんだ」 と捉えて知識や教養をインプットして学んだモノをアウトプットして解決ができて精神が安定になる。

もり

理解できない事を理解できればココロは豊かになれるでしょう。

わかっている人はインプットとアウトプットの繰り返しを気にせず、ためらわずに行動に移しています。

3:柔らかい考え方になれる

こだわった考え方になりません。

たくさんの知識や教養があるので、モノの捉え方をいろんな角度から見れるようになれます。

知識や教養の引き出しがたくさんあれば、柔らかい考え方になり、さまざまな問題も対応し解決できるでしょう。

思うこと

積極的に、情報や知識などを取り入れるように心がけるだけでも周囲は違ったように感じます。

知識や教養を深く追求すれば、もし何か問題や悩み事があれば、的確な判断と実行力によって問題解決にも役に立つでしょう。

これからの時代は、個人の時代と言われます。

ブログやTwitter・YouTubeなど、企業が稼げる金額を個人が稼げる時代です。

もり

学んだ知識や教養や経験をインプットし、それをアウトプットする時代なんです。

リベラルアーツを意識するだけでも、生活はたいへん豊かになれるでしょう。

学んだ知識や教養をインプットするだけではなく、アウトプットして悩みから解決できて自由でストレスフリーな人生を送りましょう!!

最後まで読んでいただき、有難うございました。

介護と無関係!?最高齢でアプリを作った人は日本の82歳の女性。彼女から学ぶいろんなこと。 五月病 本当に気をつけるのは4月の過ごし方で決まる!?4月病に陥るタイプ3。

介護の仕事でバーンアウト。燃え尽き症候群になりやすい介護従事者4パターン。 介護の仕事を求人誌やハローワークで探すのは効率が悪い探し方。効率良い探し方は転職サイト60秒3ステップ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyrighted Image